ラストフライト

0
    JUGEMテーマ:旅行


    JALのジャンボ機が引退だそうで。

    国際線最後のフライトは、成田−ホノルル間の往復。
    かつて、ホノルルの空港には、鶴のマークがの機体がずらりと並んだという伝説にふさわしい幕引きじゃありませんか。

    そしてこのJALジャンボ機、成田発ホノルル行きこそ、私の海外旅行の始まりであり、生まれて初めて飛行機に乗った時でもあった。何度もしつこいようだけれど、ビザが必要だった頃のお話。

    当時の機内はまだ煙草も吸い放題。団体旅行のおっちゃんたちがウイスキーの瓶を回し飲みする無法地帯。
    私もそれにならって、がんがんビールを飲みましたっけ。

    もうずいぶん長いことハワイへ行っていない。そして、定期的にこのブログで「そろそろ行きたいなあ」と呟くものの、実現する気配はない。

    だって、この地球上には、まだ行ったことがない魅惑的なビーチがたくさんあるのだもの。
    と、言いつつ、今年のGWも、馬鹿のひとつ覚えのようにマブール行っちゃうんですけどね・・・^^;)


    あと10日 ♪└┤*´∀`*├┘♪

    0
      正確にはあと11日だけど。
      約10日ということで。

      GWはマブール、夏は他のリゾートを転々、というのがここ数年のパターンだったけれど、今年の夏休みは再びマブールへ行きます。

      私たちなんぞ足元にも及ばないSMARTのヘヴィ・リピーターの方の口利きで、直接オフィスに連絡を取り、スムースに予約できました(*^^)v

      チケットもマレーシア航空のHPからちゃっちゃと予約。

      なんか、あっけなくて、かえって心配になる。

      まずは、バウチャーがない。
      オフィスの担当者曰く、
      「リゾートに着いたら明細をもらえるから」

      ならば、前泊のコタキナバルのホテルは?
      「空港でスタッフが渡すから」
      だって。

      うーん。信じるしかないんだけど。

      そして、航空券。
      アナログ人間なので、未だe-ticketというものが信用できない。
      頼りない1枚の紙切れ。
      こんなもので、本当に飛行機に乗れるんだろうか。

      今時の若いバックパッカーにとっては、これが当たり前になりつつあるんだろうけれど、昭和生まれのトラベラーはねえ・・・・・・。

      おっとその前に草食男子がはびこる現代、バックパッカーなどというワイルドな旅のスタイルを選ぶ若者が、果たして存在するのだろうか。
      それよりも、あまりにも不安定な将来。旅どころじゃないのかな。

      そんなことを考え始めると申し訳ない気持ちになってくるんだけど、ともあれ、荷造りでも始めますか。

      機内食の栄枯盛衰

      0
        なにぃ〜? 機内食がマズイって?
        贅沢なことを言うんじゃないよ。
        この不景気な時に、こっちも断腸の思いで出しているんでぃ。
        しかも、おたくらほとんどが正規料金も払わず、ディスカウントチケットで乗ってんだろうに。
        文句があるなら、食べなくて結構毛だらけ猫灰だらけ!


        と、航空会社側から言われればぐうの音も出ないんだけれど、長いフライト、狭苦しい座席、退屈な時間の中にあってお食事タイムディナーは唯一の楽しみなのである。
        ここ数年、景気の悪化や原油の高騰もあって、機内食の内容も淋しくなってきた。

        直近の10年でいうと一番多く乗っているマレーシア航空
        機内サービスのワゴンはCA2人1組でサーブしていたのが今は1人。
        なので時間もすごくかかる。
        NRT→KL線で、着陸の少し前に出されるスナック。
        これは一時、おにぎりサンドウィッチという炭水化物のセットにキットカットまで付いていて、かなりのボリュームだった。
        食べきれないので傷み易い卵サンドだけを食べ、おにぎりはカバンの中へ。
        そのまま食べるのを忘れて、リゾートに着いてから魚の餌となるのが常だった。
        それが今じゃ、マヨネーズの効いていないマカロニサラダを挟んだサンドウィッチひとつのみ(マカロニ+パンでこれまた炭水化物コンビ)。

        はぁ〜、むなしいねえ彡(-ω-;)彡

        生まれて初めての機内食はやはり初めての海外旅行、JALのホノルル便(飛行機に乗ること自体お初!)。
        メインは、確かチキンドリアだった(しかしよく覚えているなあ)。

        もう十数年前のことだけれど、ユナイテッド航空では、メインやデザートのプレートとは別に、チーズクラッカーチョコレートまで付いていた。
        これらを取っておき、眠くなるまでのお酒のお伴にしたものだった。

        等々、思い出せばきりがない。
        機内食と言えど、旅の思い出のひとつとして、いつまでも心に残っている。

        ところで、ANAが史上初、機内生ビールのサービスを始めるそうで、価格は1杯¥1000(予定)!!
        たっけーーー!
        でも、飲んでみたい、空の上で生ビール! (*≧∀≦)o□☆ぷっはー☆

        いってきまーーすヾ(@^▽^@)ノ

        0
          明日、マブールへ向けて旅立ちまーす!
          もう、里帰りする気分

          今回初めて大韓航空で行きます飛行機
          初めてついでに、成田エクスプレス電車新型にしてみました!
          トランジットの仁川空港飛行機も、もちろん初めて。
          焼肉屋さんなんぞあったら、思わず入っちゃいそう(^▽^;)

          では、いってまいります楽しい

          皆様も、良きGWをお過ごし下さいませ。

          いってきまーす。

          0
            一体、なぜ勘違いしていたのかたらーっ

            昨日の夜、blog書こうかな〜と思ったんだけど、
            「ま、いーや、明日の夜書けば」
            と思いとどまったんですね。

            つか、今日の夜便でパラオへ出発なんですけど・・・飛行機

            というわけで、いってきまーす。
            皆様もよい連休をお過ごし下さいませ。

            こっそり伊豆ダイビング

            0
              食は旅のお楽しみのひとつ。
              伊豆ですもの〜。食べるしかないです魚

              東京へ帰る途中、お昼に立ち寄った沼津の食堂、丸天

              ↓私が頼んだのはキンキの煮付け



              甘辛い煮汁がうっまー!朝ご飯をがっつり食べたはずなのに、ご飯も進む。

              ↓亭主が食べたうにまぐろ丼



              ↓そしてこちらがこの店の名物、かき揚げ丼



              このド迫力のかき揚げ丼、たしか¥945くらいだったから、かなりお得お金
              今度はこれにしようっと。

              飲んで食べて潜って、大満足の1泊2日。
              だいきちさんには車での送迎からガイドまでお世話になりました。

              ゚+。゚感謝★☆(´∀`人)☆★感激゚。+゚

              あー、とっととパラオ更新しなくちゃ、年が明けちゃうぞ〜。

              こっそり伊豆ダイビング

              0
                方向音痴で地理には滅法弱い。
                伊豆育ちなのに、ダイビングを始めるまで大瀬崎という地名すら知らなかった。

                ダイビングの後、宿泊したのは伊豆長岡
                翌朝、お土産の干物を買ったのは沼津
                するってえと、この近くに兄一家も住んでいるわけか。

                このへんの地理関係もさっぱりわからない。
                ま、いいか。車を買う予定もないし。

                さて、伊豆に来たら買って帰らなくちゃ。
                干物!!! 私のソウルフード!!!



                アジ、エボダイ、イワシ、サバ、イカ、サンマ、そして東京じゃなかなか手に入らないムロアジ

                もう、半狂乱になって、買い込んだら、こんな感じ。



                久しぶりの伊豆の干物だからって・・・・・・。
                2人暮らしですよ、私たち(´-∀-`;)

                1枚ずつ丁寧にラップにくるんで、冷凍庫へ。
                こうしておけば1ヶ月は美味しく食べられる。

                そして、狂乱の干物Daysもあっという間に過ぎてしまった。
                あ〜、今度美味しい干物を食べられるのは、いつの日になるんだろうな。

                こっそり伊豆ダイビング

                0
                  実はこっそり大瀬崎にダイビングに行ってました。
                  もう2か月近く前だけど・・・^^;)

                  日本で潜るのは10年ぶりくらい。
                  だって水が冷たいんですもの。寒いの嫌だし。

                  というわけで避けていた日本の海。
                  大瀬がホームグラウンドのDMだいきちさんに連れていってもらいました。
                  3mmしか持っていないので、5mmのウェットスーツを借りていざ、海へ。

                  うわ〜、ひゃっこいっ冷や汗冷や汗冷や汗

                  30℃の海水に慣れた身にとことん染みるモゴモゴ
                  でも、海の中は想像以上の楽しさ! 
                  きれいな・・・そして、美味しそうな魚がいっぱい魚魚魚

                  アジ! 捌きたいっ。
                  ウニ! ああ〜、許されるものなら拾って帰りたい。

                  ぐっと堪えて、純粋にダイビングを楽しみましたよ、もちろん。


                  缶コーヒーに住み着いたちっこい奴。名前聞いたけど忘れた・・・^^;)


                  透き通った身がうまそうなイカ


                  伊豆のカサゴは白っぽいのが多いのかな?

                  いやはや、たまには伊豆の海も良いですね。
                  比較的水温が高いのは、8月下旬から10月までだそうで、しばらくお預け(ヘタレです)。
                  ダイビング後の宴会熱燗ビールだけお邪魔しようかな( *´艸`)

                  成田空港今昔物語

                  0
                    なにやらもめてますねー。ハブ空港があーだ、こーだと。

                    世界一不便な国際空港

                    そう呼ばれてましたよね、成田って(今も)。
                    東京に住んでいると実感がわかないんだけれど、地方から海外へ向かう方にとっては不便極まりない空港だろう。
                    そういった方々には申し訳ないのだけれど、私は成田空港って、結構好きなんである。

                    新宿駅のホームに成田エクスプレスが滑りこんでくる瞬間。電車
                    そこから、私の旅は始まる。

                    私が初めて海外旅行へ行った時は、この成田エクスプレスさえなかった。
                    スカイライナー電車「成田空港」まで行き、そこで一旦降りて、バスでターミナルまで向かった。
                    まだ第二ターミナルがない頃なので、バスは南ウイング、北ウイングに停まる。
                    この至極面倒なアクセスが、
                    「ああ、本当に遠くへ旅立つんだな」
                    と、旅の高揚感を高めてくれたものである(変ですかね?)。
                    そういえば、今はお手軽に行けるハワイですら、当時はビザが必要だったんだから。アメリカ大使館までビザ貰いに行きましたよ、ええ。
                    そう、一昔前まで海外旅行なんてものは庶民にとって、限りなく夢に近いものだったのだ。

                    それが、今じゃ5桁の料金でアメリカ大陸へ行けるようになったびっくり
                    成田までのアクセスなんて、これまた旅の一部として楽しみましょうよ。
                    そして出来ることならもう一度、電子掲示板じゃなくて、あのパラパラとめくれるタイプの離発着掲示板を見たいものである。

                    しげるが馳せる南国への想い

                    0
                      今回のパラオは雨期雨と言うこともあって、結構雨が絡んだし、それほど肌を陽に晒した覚えはないんだけれど、私の肌はいつになく真っ黒け
                      会社では「しげる」(松崎しげるのことです、もちろん)というニックネームが定着しつつあります(´-∀-`;)
                      たとえしげると呼ばれても、私の頭は四六時中、次はいつ、どの海へ行こうと考えてばかりおてんき

                      つい最近まで、久しぶりに年末年始の旅行もいいなーと、マブールでの年越し日の出を考えていた。
                      行くとしたら少々フライングしてクリスマスあたりから、と計画してはみたものの、マンションの大規模修繕工具のおかげで数日有休を使っちゃうし、本当に年内に修繕が終わるのか甚だあやしい。
                      そんなわけで、お正月はあきらめモード(ノД`)
                      マブールへはGWに行くし、年越しはやっぱり猫たちと過ごしたいし、ま、いいか。
                      もっとも猫にとっては憲法記念日も敬老の日も正月も、さして変わりないんだろうけど猫猫

                      代わりにといっちゃなんだけど、来年3月。

                      チャーター便飛行機でパラオ再訪決定しました〜\(o⌒∇⌒o)/
                      乾期のパラオにリベンジです。待ってろー、ペリリューコーナー!!

                      それにしてもペリリューのリゾートの方々はびっくりしているだろうなあ。
                      先週帰ったばかりのゲストが、もう予約入れてるんだから( *´艸`)

                      << | 2/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM