13年ぶりのハワイ! 出発〜到着編

0

    JUGEMテーマ:旅行

     

    2003年の父の散骨を最後に訪れることのなかったハワイ。

    行きたいとは思いつつ、ダイビング優先、未知なる海を求め、ずっと背を向けたままでした。

    初めての海外旅行、初めての親子旅行、挙式、そして、ワイキキビーチ沖にはハワイを愛した父が眠る、約束の地。

     

    ふとしたきっかけでヒルトングランドバケーションの無料宿泊券を手に入れ、マイルもたっぷりあることだし、13年ぶりに再訪の運びとなりました。

     

    東南アジアへ行くことが多い私たち。

    成田第一はなかなか来る機会がないので、お気に入りの飛行機の見えるお寿司屋さん、京辰で夕飯をとることにしました。

    なかなかのお値段です。ハワイ旅行全般で一番高いお食事だったかも💦

     

     

    お腹いっぱいで機内食は食べれず。うとうとしているうちにあっという間にホノルルに到着です。

     

     

    チャーリーズ・タクシーでヒルトンへ。

    到着した瞬間から、ハワイ独特の空気を感じました。ココナッツオイルと花の匂い、心地よい潮風、椰子の葉の隙間から優しく降り注ぐ太陽。

    こんな素敵な場所に、なぜ13年も来なかったのだろう。本気でそう思いました。

    そして、通された部屋から臨む景色を見て、確信しました。

     

     

    ハワイ、最高!

     

    何も計画を立てずにいた今回のハワイ旅行。

    ひたすらのんびり、ぐーたら過ごします☆彡


    初フィリピン*セブ島ダイビングとフィリピン料理

    0

      JUGEMテーマ:旅行

       

      台風一過。暑いですねー。

      それにしも、もう10月か。こんなに暑いのにあと3か月もすれば正月だなんて信じられない。

       

      さて、セブのお話、最後になります。

      セブ島(マクタン島)周辺で潜るゲストは体験かビギナーが多くてレアな生物のリクエストもなく、ガイドさんとしては楽なんだって。
      ニモさえ見せておけば満足してくれるそう。
      こちらも海の中は特に期待せず、まったりダイビング。2年近く潜っていなかったし、復帰ダイブにはちょうどよかったな。

       

       

       

      ↑黄色い石にしか見えないカエルアンコウ

       

      ↑正面から撮ったつもりがおけつだった。

       

      ショップはスコッティーズです。
      ダイビングだけでなく一通りマリンスポーツが出来て、温水シャワーもあるし、ファミリーにもよろしいんじゃないでしょうか。

       

       

      ちなみにショップはスコッティーズというところです。

      なかなかおされだし、温水シャワーもあるし、ダイビング以外のマリンスポーツも充実しているし、よろしいんじゃないでしょうか。他を知らないので責任持てませんが(笑)

      次はオスロブでジンベイみたいなー。

       

      夜は再びフィリピン料理。

       


      酸っぱいスープが五臓六腑に染み渡るーーー(●>艸<)
      私的にはかなり好きです、フィリピン料理。


      と、ダイビングからいきなりの飯の話で無理矢理フィリピン編を〆てみる。
      何せ3年前のことだから、記憶も薄れてしまい……^^:)
      やっぱり旅行記ってオンタイムで書かなくちゃいかんね。

       

      最後にもう一枚、クリムゾンのプール♡

       

       

      読んで下さってありがとうございました。


      初フィリピン*セブのいかしたリゾート

      0

        JUGEMテーマ:旅行

         

        正確にはマクタン島ですけどね、まあ、わかる人はわかるので、セブで統一しちゃいます。


        セブのリゾート選びの条件。
        ダイビングショップは決まっていたので、そこから近くて、wifiがあって、いかしたバーがあるところ。
        検討した結果、クリムゾン・リゾート&スパ・マクタンに決定( v ̄▽ ̄)♪

         

        開放的なロビーから臨むインフィニティ・プールはまるでバリのインターコンチネンタル。
        海に面したバーカウンターはアヤナリゾートのロック・バーを彷彿させます。

         

         

         

         


        1日3本潜る予定が、リゾートが心地よすぎて、午後のダイビングはパス。
        プールサイドでだらだらとビールを飲んだり、つまんだりしながら、リラックスして過ごしましたよ。

         

         

        ↑左上はブリトーなんだけど……。私の嫌いなカメムシ味の臭い草が入ってる (>×<)

        どこにでもいやがるなー、コイツ(`Д´)ノ

         

        ビーチは狭め。

        ここはやっぱりプールサイドでまったりがいいですね。

         

         

        夜のリゾートも雰囲気良し(๑˃̵ᴗ˂̵)و です。

         

         

        プランテーション・ベイがファミリータイプなら、こちらは大人のカップル向けですね。
        いつかまたセブに行くことがあれば、絶対に再訪します( ̄ー ̄)b

         


        初フィリピン*セブ島の洗礼

        0

          JUGEMテーマ:旅行

           

          振ったのは私の方

          しかも、二度

          縁がないのだ、と思っていた

          けれど、心のどこかで信じていた

          いつか、きっと……


          ******

          三度目の正直でフィリピン セブ島へ行ってみました。過去二度は、年末やGWのピーク時に第二候補として予約、その後キャンセルしたものです。

          ごめんなさい、そして、はじめまして、フィリピン‼️


          もちろん、フィリピン航空も初搭乗。
          クソまずいと噂の機内食。往路カレーはまあ、普通でしたよ。復路は……。

           

           

          セブに到着すると、友人カップルが迎えにきてくれていました。マブールで散々お世話になったガイドのお二人。そう、これは彼らに会って一緒に潜ることが目的の旅行なのです😆

          その足で街へ行き、フィリピン料理のレストランで乾杯( ^^)Y☆Y(^^ )
          おいしい料理とおしゃべりで楽しい時間を過ごしました。

          フィリピン料理、結構好きです、私(^^)

           

           

          翌朝からダイビングなので、9時にはお開き。レストラン前にいたタクシーに、友人たちがメーター使用を確認した上で、ホテル名を伝え、見送ってくれました。
          走り出して間もなく、ドライバーが言いました。

           

          「この時間じゃホテルまで送っても、帰りに客を拾えないから、メーターを止める。600ペソ払え!」

           

          はいっ⁉️ ホテルまで200ペソはかからないと聞いていたのに。だいいち、帰りのことなんて、こちらの知ったことではない。

           

          「No! チップくらいあげるから、メーターのままで行け!!」
          「帰りに客がいないと困る!!」
          「知るか!! とにかくメーターを止めるな!!」

           

          こんな押し問答が繰り返されたあと、あきらめたのか、ようやく静かになったドライバー。
          でも私の胸は不安でいっぱいでした。
          初めての国、初めての土地。正しい道を走っているのか、知る術もない。
          数年前、南米で起きた事件が頭をよぎります。新婚の日本人夫婦が、ホテルタクシーを断って流しのタクシーを利用したばかりに、そのまま拉致され、金品奪われた上、殺傷された事件。
          このまま、どこかに連れていかれ、そこにはドライバーの仲間がいて、そして……。恐ろしい想像が止まりません。宿泊先ホテルの看板を目にするまでの数十分、生きた心地がしませんでした。
          これに懲りて、翌日から移動は全てホテルタクシーを利用しました。高くつくけれど、あんな思いはもう真っ平。お金で安全が買えるならそれに越したことはないです。

          翌日、友人がお巡りさんにこの件をちくってくれたそうです。タクシードライバーはたいてい同じ場所で待機しているので、案外、すぐに見つかってお説教されたかも。
          例の新婚さんカップルも、たった数ドルをけちったがために、不幸な事件に巻き込まれました。
          皆さんも気をつけて下さいね。

          いやはや、長い一日でした。


          犬神家の一族の舞台を訊ねてみる

          0

            JUGEMテーマ:旅行

             

            湖からにょっきりと飛び出た両足。衝撃的でしたね。

            若い人にはわからないかな。

            横溝正史原作「犬神家の一族」の映画のワンシーンです。

            冷たく恐ろしいスケキヨのマスクも目に焼き付いています。

             

            横溝シリーズは世代によって意見がわかれますが、私にとっての金田一耕助は石坂浩二さん、監督は市川昆さんです。

            おどろおどろしくて、ノスタルジックで、ユーモアもあって、時にせつない。

             

            ゴールデンコンビの初作品でもある「犬神家の一族」の舞台となった旅館が今も営業を続けていると知って、訪ねてみました。

             

             

            井出野屋旅館さんです。


            車を持たない我が家は当然電車で行くわけですが、たまたま佐久にある亭主の実家に用があったので車で送ってもらいました。

             

            昭和にタイムスリップしたような雰囲気の館内にはたくさんの映画やドラマの写真が飾られています。

            ここにいるだけで、古いフィルムの中に入り込んだような気分になれます。本当です。

            襖の向こうから、石坂浩二さん扮する金田一が頭を掻く音すら聞こえてきそう。

            実際、部屋の仕切りは襖なので、隣や向かいの部屋の話し声はもちろん、いびきやオナラまではっきりと聞こえてきます。

            まあ、これはこれで雰囲気あってよいのですが、気になってまったく眠れませんでした。

             

             

             

             

            食事は地元の名産、鯉や川魚、山菜、自家製のお蕎麦等、量も味も満足いくものでした。

            ただ、私は鯉が苦手なので食べれませんでした。ごめんなさい

            お風呂は温泉ではないですが、ちょうどよい温度で、気持ちよかったですよ。

             

             

            一点、苦言申し上げます。

            朝食を下げにきた仲居さんがこうおっしゃります。

            「GWで混雑しておりますので、お早目のチェックアウトをお願いします」

            既定のチェックアウト時間は10時。

            「9時くらいでよろしいですか?」

            そう訊ねると気まずそうな表情で、

            「もうちょっと早く……」

             

            チェックイン・アウトの時間は予約した際の契約条件でもあり、それに相当する料金をこちらは支払っているはず。

            ならばその対価として何らかのサービスなり割引があってもいいはずでは?

            ただ早く帰れというのは納得できなかったです。

             

            私の実家も同業でした。

            けれど、盆暮れ正月GW、どんなに混雑していようと、お客様に「早く帰れ」などとは、一度も言ったことはございません。

             

            とても素敵な旅館で、文化的・芸術的な面からも、貴重な日本の財産といっていい建造物でした。

            それだけに残念です。

             

             


            << | 2/218PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recent trackback

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM