【バリ島 2010】 二度目の満月

0
    書きたいことは山ほどあるのに、なかなか家でPCを開く時間がなく・・・・・・。
    まずはバリを終わらせちゃいましょう。

    深夜、デンパサールを発った飛行機が日本に近づく頃、ふと窓の外を見ると、夜明けの空に満月が浮かんでいました。
    今年の1月は月に2度満月が巡ってくるのだそうで、しかも2度とも見れた人は良いことがあるんだとか(arareさん情報)。

    天候に恵まれたバリでも、しかとこの目に焼き付けましたが、この時、機内から見た満月が一番印象に残っています。
    旅の終わりはいつも淋しいものですが、月の持つ不思議なパワーとエネルギーをもらったような気分になりました月
    もっとも3月のパラオとGWの旅行が決まっていたので、そのせいかもしれませんが。

    長らくお付き合いいただきましたが、2010年のバリ旅行記はこれにて完結です。
    次はパラオなんだけど、書き終わる前にGWに突入しちゃうんだろうな〜(;^ω^)


    【バリ島 2010 Day 4-ァ曄.タへ行きましょう

    0
      クタまでのシャトルが車17時に出るというので、急いで支度。
      全然お土産プレゼント買ってないし、夕飯もついでに済ませる予定。

      ハードロック・ホテルCD前で降りた後、クタ・ビーチ船をぶらぶら。

      ビーチはサンセットおてんきを待つ人々であふれている。
      そんな観光客を狙ったお店もいっぱい。
      簡易海の家といった感じで、飲み物ビールが入ったクーラーボックス椅子があちこちに用意されている。



      なるほど、ここでビールを飲みながら、サンセットを待つのも悪くないかも。

      でも、ラベンダーをチェックアウトしてインターコンに戻ることを考えたら、今回はそんな余裕もなし。

      夕飯はもう一度くらいイカンバカールへ行きたかったけれど、マタハリでお土産を選んだ後、あちこちお店を物色していたら、さらに時間がなくなってしまった。

      もういいや〜、冷たいビールビールが飲めれば。

      というわけで、あてずっぽうに、氷漬けの魚魚が並んでいたお店に飛び込んでしまった。
      ブループラネットとかいう名前だったと思う。アートセンターの前にあるお店です。



      レッドスナッパーイカフライ

      同じ魚のはずなのに、やっぱり夜のビーチで食べた方がずっと美味しい。
      あーあ、プールでまったりするんじゃなかったな。
      イカはぷりぷりでとっても美味しかったけど( ‘艸`*)





      腰を据えて飲んでいる暇もないので、さっさと食べ終えて、ラベンダーに戻る。
      あとはシャワーを浴びて日本に帰るだけ飛行機

      本当にあっという間でした〜。
      それにしても、猥雑なクタは今まで避けていたけれど、ちょこっと立ち寄る分には結構楽しいもんですねイヒヒ

      【バリ島 2010 Day 4-ぁ曄.泪奪機璽検ラベンダー・スパ

      0
        ホテルの知名度はいまいちだけれど、ラベンダー・スパでググってみると、ちらほらヒットする。

        敷地内には独立したスパがあって、ここで2時間のマッサージです。
        スパまではスタッフがバギーで送ってくれたんだけれど、なんてことない、ものすごく近かった。親切だなあ。



        通された部屋で、まずは足湯から。
        その後、全身マッサージ。
        うっほ〜、スクラブが日焼けの跡に染みる〜(*≧∀≦)
        でも、気持いい〜( ´∀` )



        最後に花びらの浮かぶお風呂のたっぷり2時間コース。

        宿泊+食事+このマッサージ容が含まれて、2人でUS$75

        しかも、他のデイユースホテルのチェックインが14時なのに対し、ここは12時拍手(チェックアウトもAM12時)。

        クタまでのシャトル・サービス(スケジュール制)もあるし、すごくお得だと思いませんか?
        最終日は少しのんびりもしたいし、買い物もしたいという方にお勧めのプランですグッド

        【バリ島 2010 Day 4-】 最終日の過ごし方@ラベンダー・ホテル

        0
          インターコンをチェックアウトして、タクシー車デイユースホテルビルへ向かう。

          オプショナルツアー会社を通じて予約したのは、ラベンダー・ホテル

          聞いたことないホテルだとは思ったけれど、色々調べても情報が少ないし、はっきりとした場所すら把握できない。
          幸いインターコンのスタッフが場所を知っていたので、タクシーの運転手さんに詳しい場所を伝えてくれ、無事に着くことができた。

          DFSに程近いホテルですニコニコ
          建物自体は古いけれど、部屋はきれいで、広さも十分グッド
          プール付きのビラなんぞもあるみたいです。



          デイユースプラン軽食2時間のマッサージつき

          食事はランチ晴れでも夕食月でも、好きな時間に作ってくれます。
          クラブハウスサンドと聞いていたけれど、インドネシアンハンバーグからのチョイスでした。



          このハンバーグ、昔懐かしい洋食屋さんディナーの味そのもの!
          丁寧に肉を叩いて作った、なかなか手の込んだハンバーグです。

          ランチが済んだらプールでしばし休憩おてんき
          ゲストの姿はほとんどなく、プールもレストランも閑散としている。
          ロビーに荷物がたくさん置いてあったから、この日チェックアウトする人が多いのでしょう。



          ちなみに経営者が韓国人なのか、あちこちにハングル語の案内があります。
          日本では馴染みがないけれど韓国では名の知れたホテルかもしれないですね。

          【バリ島 2010 Day 4-◆曄.廖璽襪鯑箸蠕蠅

          0
            チェックアウトの12時まで、プールでのんびり過ごすことにした。

            クラブコンチネンタル専用プールにはまだ誰もいない。
            広いサーラを陣取って、ふかふかマットに転がると、すぐにミネラルウォーターフルーツ赤りんごさくらんぼが運ばれてきた。



            賑やかなメインプールとは一転、こちらは静かで落ち着いた雰囲気。
            ふぅ〜ん



            いいねえ、いいねえ。
            やっぱりインターコンにしてよかった(*≧∀≦)

            何をするでもなく、ごろごろしていたらあっという間に時間が過ぎていく。
            もうそろそろ荷造りしなくちゃ。

            5日間て、ほんとに短いなあ。そのうち遊べるのって、実質3日だし。
            せめてもう1泊欲しいところ。
            次回は6日間クラブコンチネタルコースにしよう。
            いかんね。味をしめちゃったよ(´-∀-`;)

            でも、お値段は張れども、この快適さには替えられないのです。

            【バリ島 2010 Day 4- 曄.疋蕕┐發鵝Ε屮襦

            0
              もう、今日帰るのか〜。
              あー、早いなあ。
              虚しくて食欲もわかない・・・はずがなく、本日もてんこ盛り(o´艸`o)



              食事中、亭主が突然、

              「あのドラえもんのシャツのお父ちゃん、すごいぞ!」

              振り向くと、本当にすごい!
              しかも! お母ちゃんも! 娘まで!
              親子3人ドラえもんである。いったいどれだけ好きなんだ?

              どう説明していいものやら。実物を見てもらった方が早いのでオフィシャルのページなんかも探してみたんだけれど、見つからない。
              ええと、シャツの前面ほぼいっぱいにドラえもんの顔があって、他は真っ青。
              アニメで見るドラえもんの色そのものの派手なだからすごく目立つ。それが×3である。

              「あの青って、独特な色だよね」
              「いやむしろドラえもん色だよ」

              ということで、ドラえもん・ブルーと呼ぶことにした。

              いやはや、朝から強烈なものを見てしまった。

              【バリ島 2010 Day 3-ァ曄 ̄磴里△

              0
                一通りの儀式が済んだら、舞踏を見ながらの食事会です。
                バッフェ形式の宮廷料理
                メニューはナシゴレン、ミーゴレン、サテ、春巻き、カンクン、さつま揚げみたいなやつ等々。





                簡単な祝辞(by my亭主)の後、乾杯(*゚ω゚)ノ∀☆∀ヽ(゚ω゚*)
                ほどなく、舞踏が始まりました。



                周囲は徐々に暗くなってきて、良い雰囲気。
                なのに、お腹がすいていたので、ろくにステージを観ることもなく、がっついて食べてしまった( ´)艸(` )♪


                盛りすぎの私の皿イヒヒ


                そしておかわりたらーっ

                ビールは、ぐびーーっとビールいきたいところだけれど、帰りのトイレが不安なので、ちょっと口をつけるにとどめました。
                あー、こういうシチュエーションでこそ、がっつり飲みたいのに(´;д⊂)

                舞踏が終わり、そろそろお開き・・・という時、見計らったようにが降り出した雨
                あとはもうあっという間。
                激しいスコール雷の中、慌てて控え室に退散。
                そのままホテルへ帰ることになりました。

                それにしても楽しかったーーグッド楽しい
                また誰か知り合いがバリ挙式やってくれないかな〜拍手

                【バリ島 2010 Day 3-ぁ曄仝靴に、華やかに

                0
                  式次第が書かれたパンフレットをもらったんだけれど、写真を撮るため椅子に置いておいたら片付けられてしまったびっくり
                  なので、どの写真が何のシーンなのかよくわらからん。
                  ということで、順を追って写真中心カメラでいきましょう。


                  準備は万端


                  新郎新婦が乗り込みました。


                  宮殿へ誘います。


                  儀式が始まりました。


                  お祝いの踊り。


                  楽器隊


                  フラワーガールズ

                  新郎新婦がボールのようなものを投げあったり、バナナを食べさせあったりと、??なシーンもあったんだけれど、終始、神聖な雰囲気の中にあって、色彩も艶やかに、本当に素敵な挙式でしたラブ

                  ところで、指輪交換なんぞしていたけれど、これも、伝統的なバリスタイルなんだろうか。
                  外国人向けのオプショナルなのかなあノーノー

                  【バリ島 2010 Day 3-】 お祭り挙式

                  0
                    幸いなことに、もよおすことなく挙式会場であるタマンサリ宮殿に到着。
                    村のあちこちに、きれいに着飾った少女や、興奮した様子を隠しきれない子供たちの姿が見える。

                    会場の控室に通され、参列者も民族衣装のクバヤに着替える。
                    女性陣は色とりどり。
                    私は系をお願いしていたんだけど、思ったより派手だった。やばいかも汗

                    男性陣はというと、花婿男花嫁女と決まっているんだそうだ。
                    単なる参列者の亭主はクリーム色っぽいやつ。

                    着替えた後、村の中心部まで戻ると既に新郎新婦を宮殿まで導く人々が集まっている。
                    子供たちもおおはしゃぎ。





                    オダランといい、お葬式といい、結婚式といい、バリの行事ってのはまず行列ありき、なんだろうか。
                    それにしてもこれだけ艶やかだと、見ているだけで楽しい楽しい
                    このわくわく感、子供の頃のお祭りの日を思い出すおでん

                    新郎新婦が到着して、いよいよ挙式スタート。
                    しかしまあ、派手な衣装!!
                    私のクバヤもかなりドギツイ色だけど、かすんでしまうくらい新郎も新婦もきらびやか星星
                    どんな挙式になるのかな〜ラブ

                    詳しい様子は次のトピックで。

                    【バリ島 2010 Day 3-◆曄.▲筌文物

                    0


                      アヤナ・リゾート&スパ(旧リッツ・カールトン)の敷地内を写真に撮っておきたかったので、早めに移動。
                      到着したら、ちょうど新郎新婦が一足早く式場へ向かうところだった。





                      40分ほど時間があるので、噂のロック・バーへ行ってみる。



                      このトロッコみたいなやつに乗って、崖っぷちを降りて行くのです。

                      うわーーー!!びっくりびっくり

                      絶景、絶景!拍手拍手
                      散々嫌がっていた亭主も、下が海ならさほど怖くないと言う。



                      これがロック・バー
                      アヤナ自慢の、崖の上に立つバーです。
                      オープンは夕方からだそう月
                      一杯飲みたかったんだけどな〜。残念ムニョムニョ

                      写真を撮りつつエントラスへ向かっていると、サーラの下で手を振る人々が。
                      新郎新婦のご親戚一同で、ビールビールを奢ってもらいました♪d(⌒o⌒)b♪

                      そしてやってきたお迎えの車。
                      ガイドさんいわく、

                      「式場はここから約1時間半くらいです」

                      (;゚д゚)ェ. . . . . . .

                      どこで情報を誤ったのか。
                      てっきりウルワツの方かと思いこんでいたので、せいぜい15分くらいだろうと・・・・・・。

                      どーしよ。
                      ビール飲んじゃったよ(´゚∀゚`;)
                      式場まで、もつかしら・・・・・・。

                      | 1/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM